弊社サポートにて問題の調査を行う場合に、ご利用環境の詳細な情報を把握するため、プロセスモニターのログの取得をお願いすることがあります。
弊社からご依頼させていただいた場合のみ、以下の手順に従って、プロセスモニターのログの取得をお願いします。

1. Process Monitor は、マイクロソフト社の Windows Sysinternals サイト から無償でダウンロードできます。ダウンロードしたファイルを展開し、実行します。
Process Monitor は、Windows 2000 SP4, Windows XP SP2, Windows Server 2003 SP1, Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7 (以上32bit版)、Windows XP, Windows Server 2003 SP1, Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7 (以上、64bit版(x64))で動作します。



2. 本ユーティリティを終了せず(実行したまま)、再現手順どおりの操作をして事象を発生させます。

3. Process Monitor のウィンドウで、メニューバーの File ->Save をクリックし、保存します。



4. ログファイルの保存先が表示されているので、これをメモします(後で保存されたログファイルを確認するため)。



5. 保存対象のイベントとして All events をクリックし、ログファイルが PML 形式であることを確認して [OK] をクリックし、ログファイルを保存します。



6. 保存した PML ファイルを弊社に提供される場合は、ZIP ファイル形式などで圧縮してください(相当程度サイズを小さくできます)