新バージョンでは、各デバイスをグループで管理することができます。


作成した保護計画はグループに対して適用でき、グループ内のすべてのデバイスに対して同じ計画が適用されます。グループ内のデバイスからグループに適用された計画を取り消すこととはできません。


また、グループに登録できるデバイスは同じもののみとなります。例えば、[Hyper-V]では、Hyper-V仮想コンピュータのグループを作成できます。

1台のデバイスが、複数のグループのメンバーとなることも可能です。


ビルドイングループ


自動で登録されるグループです。

登録されたデバイスは、[デバイス] タブのいずれかのビルトインルートグループに自動で登録されます。ルートグループの編集・削除・保護計画の適用はできません。

一部のルートグループには、ビルトインサブグループが含まれていますが、これらのサブグループも同様に編集・削除することができません。ただし、サブグループに対しては、保護計画の適用が可能です。


カスタムグループ


お客様ご自身で設定・追加することができるグループです。

同じバックアップ・保護計画を適用したいデバイスをグループにまとめ、バックアップ・保護計画の方針の違いや部門ごとにカスタムグループを作成することによって、設定の柔軟さを保ったまま、複数のデバイスを容易に管理することができます。


カスタムグループには一つ以上の入れ子構造のグループを含めることができます。


また、カスタムグループには以下の種類があります。


  • 静的グループ

 手動で追加したマシンが含まれています。マシンを明示的に追加または削除した場合を除き、静的グループの内容が変更されることはありません。


例: 新入社員が入社した場合、手動で、保護計画が設定されている静的グループにマシンを追加します。


  • ダイナミックグループ

 グループ作成時に指定した検索条件に従って自動的に追加されたマシンが含まれています。ダイナミック グループの内容は自動的に変更されます。マシンは、指定した条件が満たされるまでグループに残ります。


例: 経理部門の新入社員のマシン名に、例えば「Accounting」というホスト名が含まれている場合、マシンの登録と同時に自動でグループに追加します。

例2: Active Directory の組織単位 (OU) を条件として設定した場合、マシンの登録・OUへの追加と同時にグループへ追加されます。


グループの作成方法


静的グループの作成


  1. 「デバイス」から新しくグループを作成するビルドイングループをクリックします。
  2. 「新しいグループ」をクリックします。
  3. グループ名、コメント(任意)を追加し、「OK」をクリックします。

動的グループの作成

  1. 「デバイス」より新しく動的グループを追加するビルドイングループをクリックします
  2. 下記画像の検索ボックスに、演算子を入力し、動的グループに含めたいデバイスの属性を指定し、検索を行います(例: name = 'part'など)
    演算子の種類・詳細については、下記ページの「検索条件」をご確認ください。 

    https://dl.managed-protection.com/u/baas/help/20.10/user/ja-JP/index.html#cshid=46985
  3. 検索終了後、「名前を付けて保存」をクリックすると登録画面が表示されるため、名前を入力して「OK」をクリックします。


グループへの追加方法


静的グループへの追加方法

  1. 「デバイス」から静的グループへ追加するデバイスを1つ以上選択し、右メニューの「グループに追加」をクリックします。
  2. メニューから追加するグループをクリックし、追加します。


グループへの保護計画の適用方法

  1. 「デバイス」>「エージェントがインストールされているマシン」から、保護計画を適用するグループを含むグループを選択します。
  2. 表示された子グループのリストから、保護計画を適用するグループを選択します。
  3. 「保護」または「グループの保護」をクリックします。
  4. 表示された、そのグループに対して適用可能な保護計画のリストを選択し、「適用」をクリックするか、「計画の作成」から、新規の保護計画を作成して適用します。