「トップレベルドメイン」とは ドメインの最後 の部分です。(例:.net)

例: https://www.tsukaeru.net


「ドメイン」の種類

トップレベルドメインには、大きく分けて2種類あります。


「国別トップレベルドメイン」

.jp (日本)
.us (アメリカ)
.au (オーストラリア)

など


「国別トップレベルドメイン」 は国を表すドメインです。
その中でも、日本を表すドメインには下記の種類がります。

・汎用JPドメイン        :.jp
組織、個人に関わらず日本に住所があれば登録可。


・都道府県型JPドメイン     :.tokyo.jp など
組織、個人に関わらず日本に住所があれば登録可 、都道府県の名称が含まれます。


・属性型・地域型JPドメイン 
  :.co.jp など
特定の組織ごとに利用できるものが決まっています。一組織につき一つのみ取得可。


「一般トップレベルドメイン」

.com (商用サービス )
.net  (ネットワークを意味する)
.info (情報サービス)    

など

用途に制限がないものが多く、企業のサイトから、個人のブログまで幅広く利用されています。

特に、.com や .net は世界的にも人気のドメインです。
紹介した例以外にも個性豊かなドメインは多数存在します。


どうやって選べばいいの?

押さえておきたい3つのポイント

1: 目的やイメージに合わせて
2: シンプルに、分かり易く
3: 予算を考えましょう

ドメイン名と、サイトの内容に関連性があると、覚えやすく印象的になります。
また、ドメインとはサイトの住所を表すものなので、できるだけ短くシンプルなものが理想です。スペルが複雑なものや、長い文字列は、足が遠ざかってしまうかもしれません。

予算も重要でしょう。使えるねっとでは、だれでも簡単に取得できる .com や .net は通常1480円、 日本を表すことができる汎用JPドメイン(.jp)は3480円、信頼性があり企業承認が必要な属性型JPドメイン(.co.jp や .or.jp など)は7000円。 ドメインの種類によって価格も様々ですので、イメージや予算に併せて検討したいですね。

世界で、唯一無二のものを設定することができるドメインは、企業やサイトのブランディングに与える影響も少なくありません。有名なウェブサイトのドメインは端から、わかりやすく、覚えやすいドメインばかりです。新規でウェブサイトを立ち上げるときには、ぜひとも秀逸なドメインを作成したいですね。

使えるねっとでは、300種類以上のトップレベルドメインを取り扱っているので、選択の幅も広がります。


ドメインの登録はこちら