デフォルトのクラウドVPSでは、CentOS6がインストールされておりますので、CentOS7をご利用の際には、 クラウドVPSの初期化の方法 を参考に再作成をお願いします。
 ※サーバの再作成を行う場合は、サーバ内の情報が全て消去されますのでご注意ください。 


 


サーバが作成され、Pleskのインストールが完了後、Pleskにアクセスする際には、ファイアウォールの設定を行っていただく必要がございます。
Tera Termといったターミナルエミュレータソフトにて、作成したサーバにSSH接続していただき、


以下のコマンドにて、ファイアウォール(iptables)を一旦無効にしていただくことで、Pleskへの接続が可能となります。


# systemctl stop iptables


 


その後、必要に応じて、お客様にて、ファイアウォール(iptables)の設定をお願いいたします。


設定が完了後、Pleskに接続していただき、接続ができるかを確認してください。


Pleskの設定につきましては、「  Pleskの初めてのアクセスについて  」をご参考に設定を行ってください。
サーバーの再作成の際は、コントロールパネルのファイアウォールも有効となりますので、 こちらを参考にファイアウォールの設定をご確認ください。