1.  コントロールパネルにログイン  ->該当の契約を選択->「使えるクラウド」にある「サーバ」をクリックします。
  2. 「新規サーバ」をクリックします。

  3. 新しいサーバのパラメータを選択してください。

     「サーバー名」  :サーバの名前を入力(後程変更することができません)
     「説明」  :任意のサーバー説明です。
     「サーバ構成」  :任意のサーバ構成を選択できます。

    <カスタム> サーバ構成を全て任意で選択できます。




    ※OSで「  Windows  」を使用する場合は「OSカーネルを管理します」にチェックを付けてください。
    ※「OS」:「Windows」、「Free Linux」よりご希望のOSを選択してください。
    ※「Free Linux」をご選択いただいた上で、 「OSカーネルを管理します」にチェックを付けると、VMという仮想化タイプで作成されます。
    特に意図がない場合、CTタイプをご選択ください。
    ※ご利用頂けるOSに関しては こちら をご確認ください
    ※構成はあとで変更可能です(変更内容によって再起動を伴う場合があります)。

     ネットワーク設定  「帯域幅」:  IPアドレスの数を選択します。
     「IPアドレス」  :IPアドレスは1契約につき2つまで無料となっておりますので、すでにご契約にグローバルIPアドレスを持ったサーバーがある場合、追加する場合、月額1IP500円(税別)となります。
    なお、IPv6は現在ご利用いただけません。
     「サーバ内でのネットワーク設定の構成を許可」  :通常はサーバのホスト名や DNS リゾルバ、カスタムルートの設定などは、仮想環境起動時に初期化されますが、その動作を無効化し、サーバ内部で独自に設定した内容を保持する際に選択します。なお、IPアドレスだけはコントロールパネルで割り振られているもののみ使用可能で、起動のたびに再設定されます。
    サーバ構成を選択したら「次へ」をクリックする。


  4. サーバのOSパラメータを選択し、「次へ」をクリックする

     

     「エディション」
    :各OSのバージョンをご選択いただけます。
     「アーキテクチャ」  :サーバーのビット数はご選択できません。
     「言語」  :サーバーの言語はご選択できません。


  5. ご希望のアプリケーションテンプレートにチェックを入れ、「次へ」をクリックする



  6. サーバの概要を確認し、「終了」をクリックすると新規サーバが作成されます。




      サーバーのパスワードは自動生成され、お客様のご登録のメールアドレスに送付されます。


 <ご注意> 
 Windowsサーバーは仮想マシンとなりますので、お客様にて定期的な  Windowsのアップデート  をお願いいたします。 
 安全な運用のため、新規サーバー作成後に、まずは一度目のWindowsアップデートの実施を推奨いたしております。