InstantSSL証明書の  中間証明書  は、メールに添付されているzipファイル内に含まれる3つの証明書ファイルを順番通りに結合し、サーバーへ登録する必要がございます。


ファイルの結合順は下記の通りとなります。

  1. SectigoRSADomainValidationSecureServerCA.crt
  2. USERTrustRSAAddTrustCA.crt
  3. AddTrustExternalCARoot.crt

WindowsのPCをご利用の方は、

3つの中間証明書ファイルの結合作業については、メールに添付されているzipファイルを解凍し、

各3つのCA証明書ファイル名を左クリックし、プログラムから開くより「ワードパッド」を選択し、ファイルを開いてください。


*他にも「さくらエディタ」などが利用いただけます。


その後、3つのCA証明書ブロックを結合してください。

CA証明書は、すべて-----BEGIN CERTIFICATE-----で始まり、-----END CERTIFICATE-----で終わるブロックとなります。


----------------------------------------------------------------------------------------------

なお、証明書を設置しても正常に反映されない場合、

このCA証明書の結合が正常に行われていない可能性がございますので、

以下の手順で結合作業を行ったCA証明書でお試しください。


 


  1. メールに添付されているzipファイルを解凍し、展開したフォルダをエクスプローラーで開きます。
  2. キーボードの
    Shift
    キーを押しながら、ファイルのない赤い領域を右クリックします。
  3. PowerShell  または  コマンドプロンプト  を開きます。
  4. 次のコマンドをコピー&ペーストし、実行します。

    type SectigoRSADomainValidationSecureServerCA.crt > ca.crt
    type USERTrustRSAAddTrustCA.crt >> ca.crt
    type AddTrustExternalCARoot.crtt >> ca.crt
    exit
    
    

    画面が閉じない場合は Enterキーを入力します。


結合したCA証明書 ca.crtが生成されているかご確認ください。