メールバスターでのメールアドレスのエイリアスの設定方法は、作成したいエイリアスによって異なります。
転送元と転送先のメールアドレスの関係によって作成する必要のあるエイリアスは下記のようになります。

・同じドメインの別のメールアドレスを転送先に設定する場合 (例)alias@example1.comからuser@example2.comへ転送
→メールボックスエイリアス

・あるドメインのすべてのアドレスを別のドメインに転送する場合 (例)user@example1.orgからuser@example2.comへ転送
→ドメインエイリアス

・違うドメインで@の前の部分も違うメールアドレスを設定する場合 (例)alias@example1.orgからuser@example2.comへ転送
→メールボックスエイリアスとドメインエイリアスの両方を組み合わせる

 

[メールボックスエイリアス]
1. 画面左側のメニューまたはダッシュボードより、一般>メールボックスの概要をクリックします。

_____1.png


2.画面上部のメニューより、メールボックス エイリアスをクリックします。「+
エイリアスを追加」をクリックしていただくことで追加したいエイリアスの設定が行えます。

_____2.png


3. メールボックスに転送先のメールアドレス、エイリアスに転送元のメールアドレスを入力し、右下の「保存」をクリックすると追加が完了します。
この時ドメインは転送元、転送先に共通のものを設定します。
(例) alias@example1.comからuser@example2.comにメールを転送する場合
メールボックス:user、エイリアス:alias、ドメイン:example.comを入力して追加する。

_____3.png

設定後、検索パネルの下に「 エイリアスが正常に追加されました。 」のメッセージと作成したメールエイリアスが設定されていれば完了となります。

 

 

[ドメインエイリアス]
ドメインエイリアスの設定によって、user@example1.orgからuser@example2.comのように
転送元となるドメインあてのすべてのメールアドレスに対してドメインエイリアスが設定されます。
この時、転送元のメールアドレスの@以前の部分が同じ転送先メールアドレスへと転送されます。
@以前の部分が異なるメールアドレスに設定したい場合はメールボックスエイリアスの設定を追加してください。

1. 画面左側のメニューまたはダッシュボードより、一般>ドメインエイリアスをクリックします。

_________1.png

 

2. 「+ドメインエイリアスを追加」をクリックします。

_________2.png


3. ドメインに転送先のメールアドレス、エイリアスに転送元のメールアドレスを設定します。エイリアスを入力後、右下の「保存」をクリックしてください。

(例) example.orgあてのメールをすべてexample.comに転送するとき
ドメインにexample.com、エイリアスにexample.orgを入力して追加する。

_________3.png

設定後、検索パネルの下に「 エイリアスが正常に追加されました。 」のメッセージと作成したドメインエイリアスが設定されていれば完了となります。

 

 

[メールボックスエイリアスとドメインエイリアスを組み合わせる]
上記のメールボックスエイリアス、ドメインエイリアスの設定手順で必要な設定を行ってください。

(例) alias@example.orgとalias@example.com宛のメールをuser@example.comに転送するとき
ドメインエイリアスで ドメインにexample.com、エイリアスにexample.org の設定を追加する。

メールボックスエイリアスで メールボックス:user、エイリアス:alias、ドメイン:example.comの設定を追加する。

この設定によって

alias@example.org宛のメール→user@example.com
alias@example.com宛のメール→user@example.com

のように転送されます。