こちらでは、ダッシュボード上のアイコンの機能についてご紹介いたします。

 


一般



メール フィルタリング システムは、次のドメインとドメイン エイリアス宛のメールを受け入れてフィルタリングし、受け入れたメールを表に示す宛先に配信します。 




このページでは、受信者のコールアウト検出を介してアドレスを自動検出し、新しく検出されたメールボックスをフィルタリングするかどうかを制御し、メールボックスのフィルタリング・アーカイブおよびエイリアスをcentral controllで管理します。

 

ページに入ると以下の3つのタブがあります。

―設定

―メールボックス

―メールボックスエイリアス

 

 



このページでは、指定のドメインのエイリアスを追加・削除できます。
複数のドメインがある場合は、ドメインエイリアスオプションを利用できます。
 ドメインエイリアスのいずれかに送信された電子メールは、メインドメインの同じユーザーに配信されます。

 

ドメインエイリアスを追加し、MXレコードを切り替えて、このエイリアスドメインのフィルタリングをアクティブにすると、【user1@alias.ext】宛てのメールがフィルタリングされ、【user1@maindomain.ext】に配信されます。

ただし、【ドメイン設定】ページで、【電子メールおよびドメインエイリアスの直接配信】オプションが選択されている場合、システムはエイリアスへの直接配信を試みます。

 

ドメインエイリアスには、ドメインレベルのコントロールパネルへの個別のアクセス権はありません。
 ドメインエイリアスへのすべてのSMTPトラフィックはメインドメインに書き換えられるため、メインドメインでの変更/ルックアップには、メインドメインに直接送信されたかのようにエイリアスドメイントラフィックが含まれるだけです。したがって、ログ検索を使用してドメインエイリアスに送信された特定の電子メールを検索している場合、

受信者はuser @maindomainとして表示されます。


 


このページでは、以下の設定ができます。

・管理者の連絡先の詳細、【お問い合わせ】ボタンの場合仕様される連絡先URL、

 【ログアウト】ボタンの場合に使用されるログアウトURLの設定ができます。

・日付と時刻の形式とタイムゾーン

・1つ以上の追加した言語を使用する場合はこちらから選択できます。

・SSHアクセスを許可するデフォルトのMXホスト名とIPアドレスを設定できます。





レポート作成

 



 このページでは、発信ユーザーまたはIDが自動的にロックされたときに送信される電子メール通知に適用される特定のロックテンプレートを手動で追加できます。

以下の2つのタブがあります。

―管理者  

管理ユーザーとしてID/発信ユーザーが自動的にロックされたときに送信される独自のカスタムテンプレートを作成。


―デフォルト

既存のすべてのデフォルトテンプレートを表示。

 




着信




このページでは、過去28日間のすべての着信メッセージをフィルタリングできる包括的な検索ツールです。

隔離されたメッセージ、受信配信キューにあるメッセージ、およびアーカイブされたメッセージにアクセスすることもできます。

 




このページでは、[受信ログ]検索ページが表示され、「隔離済み」ステータスのすべてのメッセージを表示するようにフィルタリングされます。

[+ 新しいルール]リンクを使用して新しいルールを追加することにより、リストされた結果をさらにフィルタリングできます。

 

  • 隔離されたメッセージを検索し([クエリルール]パネルを使用して)、すべてのルールを削除して、フィルタリングされていない結果を表示します
  • 隔離されたメッセージコンテンツのプレビュー-[件名]列のメッセージリンクをクリックします。隔離されたメッセージコンテンツの表示を参照してください。
  • 隔離されたメッセージの解放-メッセージを受信者に配信できるようにします。隔離されたメッセージのリリースを参照してください。
  • メッセージのリリースとトレーニング-配信する隔離されたメッセージを送信し、スパムではないものとしてトレーニングします。隔離されたメッセージのリリースとトレーニングを参照してください。
  • メッセージのリリースとホワイトリスト-メッセージの配信を許可し、送信者をホワイトリストに登録します。隔離されたメッセージのリリースとホワイトリストを参照してください。
  • メッセージの削除-「隔離からのメッセージの削除」を参照してください。
  • 送信者をブラックリストに登録して検疫から削除する-メッセージを削除し、送信者をブラックリストに登録します。隔離されたメッセージの削除とブラックリストを参照してください。

 

  

 
このページでは、処理後の受信メッセージを配信する宛先を構成します。


これは通常、受信者の最終的なメールサーバーです。

 配信は、優先度の最も低いフィールドから最も高いフィールドまで、各宛先に試行されます。

(MXレコードの場合と同様)。 

優先度の値が同じである宛先は、配信が分散されることなく、任意の順序で試行されます。

  




着信 ―保護設定



このページにリストされている受信者へ送信される受信メールは常に許可されます。


許可する受信者に注意してください。これにより、すべてのメールがフィルタリングされずに受信者のメールボックスに到達できるようになるため、これは通常、通常のメール受信者を対象としていません。
これは主に、abuse @アドレス、Postmaster @アドレス、またはフィルタリングを行うべきではない アドレス

(たとえば、送信する不正使用レポートの送信に使用されるアドレス)に使用されます。

管理者レベルでは、すべてのドメインの受信者を許可するように選択できます。


 ドメインレベルでは、管理者レベルで許可された受信者のリストのみを表示できます。

特定のドメインで特定の受信者を受け入れる場合は、特定のメールボックスのフィルタリングをオフにすることができます。

 

  



このページにリストされている受信者に送信された受信メールは常にブロックされます。

 

[管理者レベル]または[ドメインレベル]コントロールパネルで、[受信]-[保護設定]> [受信者ブラックリスト]を選択します。

[結果を表示]をクリックして一致を表示すると、個々のまたは複数の既存のブラックリストに登録された受信者に対して、次のアクションを実行できます。

  • 編集
  • 削除する
  • .csvとしてエクスポート

 

ページに入ると以下の2つのタブがあります。

―受信者ブラックリストードメイン

―受信者ブラックリスト-推奨

 

  


このページにリストされている送信者から受信したメールは常に許可されます。

 

[管理者レベル]、[ドメインレベル]、または[電子メールレベル]コントロールパネルで、[受信]-[保護設定]> [送信者ホワイトリスト]を選択します。

 

[結果を表示]をクリックして一致を表示すると、個別または複数の既存の承認済み送信者に対して次のアクションを実行できます。

  • 編集
  • 削除する
  • .csvとしてエクスポート

 

ページに入ると以下の2つのタブがあります。

―送信者ホワイトリストードメイン

―送信者ホワイトリスト-推奨


 

 


このページにリストされている送信者から受信した受信メールは常にブロックされます。

 

[管理者レベル]、[ドメインレベル]、または[電子メールレベル]コントロールパネルで、[受信]-[保護設定]> [送信者ブラックリスト]を選択します。

 

[結果を表示]をクリックして一致を表示すると、個々のまたは複数の既存のブロックされた送信者に対して次のアクションを実行できます。

  • 編集
  • 削除する
  • .csvとしてエクスポート

 

ページに入ると以下の2つのタブがあります。

―送信者ブラックリストードメイン

―送信者ブラックリスト-推奨

 

 

 

  

■ブランディング





このページでは、独自のブランディング要件を使用して、システムを完全にカスタマイズできます。


ブランディングオプションには、カスタムホスト名、ロゴ、電子メールヘッダー、Webインターフェイス、カスタマイズされた保護レポート、著作権表示が含まれます。




このページでは、既存の保護レポートテンプレートを編集し、別の言語で新しいテンプレートを作成できます。


保護レポートテンプレートは言語ごとに設定されます。
保護レポートの生成を選択した場合、使用されるテンプレートは、その特定のレポートで選択された言語によって異なります。たとえば、英語でオンデマンドドメインレポートを生成する場合、英語バージョンのテンプレートが使用されます。




このページでは、コントロールパネルから送信できる利用可能なメール通知テンプレートを管理できます。





■発信



このページでは、【受信ログ検索】と同じように機能しますが、過去32日間の送信メッセージを記録します。




このページでは、送信メール転送エージェント(MTA)がスパムエキスパート送信フィルターを介してメールを送信するために認証する方法を選択します。


送信メールの認証は、[ユーザー管理]ページで設定されます。このページでは、送信メール転送エージェント(MTA)がスパムエキスパート送信フィルターを介してメールを送信するために認証する方法を選択します。




このページでは、ここまたは【送信ユーザーの管理】ページで以前に設定したIDを追加および管理できます。
たとえば、IDがスパムを送信していることがわかった場合は、問題を調査している間、ここでIDをロックできます。


孤立したスパマーが発信ユーザー全体に影響を与えるのを防ぐために、IDを使用することをお勧めします。




このページでは、フィルターで処理されるすべての接続(フィルターが無効になっているとき以外、そしてサービス保護の拒否で処理されるもの)からログ エントリーが生成され、メッセージ、その分類、それに対して発生したことに関するメタデータが記録されます。

ドメインに関連付けられるまで進まなかった接続は短い時間だけ記録され、その後、削除されます。

ここでそのような接続を検索できます。




このページでは、フィルターで処理されるすべての接続(フィルターが無効になっているとき以外、そしてサービス保護の拒否で処理されるもの)からログ エントリーが生成され、メッセージ、その分類、それに対して発生したことに関するメタデータが記録されます。

この情報は一定期間(ドメイン レベルで制御可能)保存され、その後、削除されます。

通常、10分以下の短い遅延があり、その後、ここでログ エントリーを確認できます。





継続性




このページでは、さまざまなツールを使用してメール転送をテストできます。

 

ページに入ると以下の4つのタブがあります。

―Ping :
ホストの到達可能性をテストできます。
コントロール パネル サーバーから指定した宛先に送信されるメッセージ(ソース サーバーにエコーバックされる)の
往復時間を測定します。
このツールを使用すると、宛先メールがダウンしているか、到達不能であるかをチェックできます。
  ソースと宛先の間のサーバーに関する詳細情報を入手する、またはクラスター内の特定のIPからの到達可能性を確認するには、[Traceroute]タブを使用します。

 

―SMTP:

クラスター内のサーバーと宛先間の(SMTPプロトコルを使用した)メール転送をテストできます。

このツールでは、次のような多数のチェックを使用できます。

 

【送信者コールアウト】

送信者の検証の問題が発生した場合は、アドレスがチェックされたときに送信者のメール サーバーがどのように応答するかを正確に確認できます。

 

【受信者コールアウト】

配信の問題が発生した場合は、受信者が指定されたときに宛先のメール サーバーがどのように応答するかを正確に確認できます。

 

【リレー チェックを開く】

メール サーバーが「オープン リレー」で、任意の宛先へのメールを受け入れるかどうかを確認できます。

 

【キャッチオール チェック】

メール サーバーが指定されたドメインの「キャッチオール」で、ドメインの任意のアドレス宛のメールを受け入れるかどうかを確認できます。

 

【Telnetテスト】

宛先への完全なSMTP配信プロセスをチェックし、各SMTPコマンドへの宛先の応答と最終的なメッセージ コンテンツを正確に確認できます。

 

ツールは情報が提供される限り続行します。受信者が指定されない場合は、「MAIL FROM」の後に接続が終了します。メッセージが指定されない場合は、「RCPT TO」の後に接続が終了します。DATAセクションにメッセージがある場合は、指定された受信者にメールが送信されます。

 

クラスター内の特定のサーバーまたはサーバーに割り当てられたIPからの到達可能性の問題をテストするには、該当するIPを選択します。空白のままにした場合は、コントロール パネルのいずれかのIPが使用されます。

 

―Traceroute:

クラスター内のサーバーと指定された宛先の間の接続のルートと通過時間を表示します。

 

―Dig:

ドメインネームシステム(DNS)サーバーのクエリに使用されます。特定のネームサーバーにクエリを実行するか、空白のままにして、コントロールパネルのデフォルトのネームサーバーを使用できます。

 



 

 ■発信保護



このページでは、次のいづれかのルールに一致する送信メールを常にブロックします。


  • ドメインの送信メール用に設定されているすべてのフィルタリングルールを表示し、新しいルールを追加することもできます。
  • デフォルト、グローバル、および継承を表示します。





 ユーザーと権限 



このページでは、選択した認証プロバイダーかたい提供された情報を使用して、スパムエキスパートで必要なOAuth設定を構成します。


管理者および電子メールレベルのユーザーがスパムエキスパートにアクセスするときにシングルサインオン(SSO)認証を使用する方法として、OAuth 2 / OpenIDConnectをサポートしています。これは、Office365、Google OAuth 2.0など、システムにアクセスするときに認証するための代替の資格情報セットを使用できることを意味します。


OAuthを設定すると、コントロールパネルへのWebベースのログインは引き続き利用できます。2要素認証(2FA)がアクティブな場合でも、スパムエキスパートのログインリンクを使用するときにこの手順が必要です。管理者は、コントロールパネルにアクセスするためにパスワードを(再)設定できます。これは、OAuthの設定には影響しません。




このページでは、以下のタスクを実行できます。

・追加-CSV: ファイルをアップロードして、管理者を追加するか、複数の管理者を追加します。

・帯域幅使用量の概要: 管理者ごとの帯域幅使用量の概要を表示します

 

また、各管理ユーザーの横にあるドロップダウンでは以下のことが出来ます。

  • 編集-管理者を編集します
  • 削除-管理者を削除します
  • ユーザーとしてログイン-この管理者としてシステムにログインします
  • 2FAを適用-この管理者ユーザーに2FAを適用
  • このユーザーにドメインを割り当てる-スーパー管理者が特定のドメインを管理者ユーザーに割り当てることを許可します
  • 管理者の移動-この管理者を別のドメインに移動します
  • このユーザーのサブ管理者を表示-このユーザーが作成したすべての管理者を表示します(管理者またはサブ管理者によって作成された管理者は、それらを作成したユーザーのサブ管理者になります)

他の管理者を追加および管理できるのは、適切なアクセス権を持つ管理者ユーザーのみです。

管理者ユーザーが削除されると、このユーザーに割り当てられたすべてのドメインがメインの管理者ユーザーに転送され、そこから再割り当てできます。




このページでは、ログインした管理者ユーザーとして、作成したエイリアスがここに一覧表示されます。

管理エイリアスを編集・削除・2FAを適用・この管理エイリアスに関連しているメールアドレスにSSO招待メールを送信することもできます。


複数のユーザー/パスワード資格情報を構成して、同じ管理者ユーザーとしてログインできるようにすることができます。たとえば、同じドメインのセットを管理する3人のユーザーがいる場合、同じ管理者の資格情報のセットを共有するのではなく、各ユーザーの管理者エイリアスを作成できます。


管理者エイリアスを使用してログインする場合、ユーザーはプライマリ管理者と同じ権限を持ちます。トップバーにメイン管理者の名前が表示され、監査の目的で、ユーザーが実行したアクションが管理者エイリアスに対してログに記録されます。




このページでは、ドメインユーザーの編集・削除・ユーザーとしてログイン・2FAを適用し、ドメインユーザーを管理することが出来ます。


現在、ドメインごとに作成できるユーザーは1人だけで、ドメインユーザーを管理できるのは管理者ユーザーだけです。

ドメインごとにすでにドメインユーザーがいる場合は、他のユーザーを追加することはできません。

ドメインにドメインユーザーがいない場合は、[追加]クリックして追加するか、CSVファイルをアップロードします。




このページでは、システムのグローバル・ユーザー設定を管理することができます。


2段階認証を有効にすると、セキュリティがさらに強化され、不正アクセスを防ぐことができます。 

アカウントの管理者、ドメイン、および電子メールレベルのユーザーが、コントロールパネルに直接ログインするために 2段階認証を必要とするかどうかを選択します。 




このページでは、スパムエキスパートのアクセス権限を管理できます。

スーパー管理者レベルのコントロールパネルからページにアクセスしている場合は、管理者、ドメイン、電子メール、およびゲストユーザーの権限を管理できます。

 

管理者レベルのコントロールパネルからページにアクセスしている場合は、ドメインユーザーと電子メールユーザーの両方の権限を管理できます。

ドメインレベルのコントロールパネルから[権限の管理]ページにアクセスしている場合は、電子メールユーザーの権限のみを管理できます。

 

 



 

以上、アイコンの説明でした。