クラウドVPSの再作成

フォローする
  1. コントロールパネルログイン します。
  2. 左側のタブより「VPS」をクリックし、再作成されたいVPSの枠内をクリックします。


  3. 「サーバの再作成」をクリックします。


  4. 警告!サーバを再作成すると、仮想サーバがデフォルトの状態にリセットされます。
    これまで行った変更はすべて削除されます。

    サーバを再作成すると、以前のサーバのデータがすべて消えてしまいますので、
    お客様にて事前にバックアップを取得していただきますようお願いいたします。

    OSの選択、バックアップの選択をし、「続行」をクリックします。



  5. 確認画面がでてきますので、サーバを再作成する場合は「再作成」をクリックします。



    ※サーバの再作成が通常通り行われない場合、または何らかのエラーが発生した場合には、お手数ですが、 弊社サポート までお問い合わせください。
    ※サーバの再作成によりファイアウォールが有効となります。Pleskなどの接続に影響がございますので、以下を参考にファイアウォールの設定をご確認ください。
    CentOS7でのPleskのご利用について
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。