データの復旧方法

フォローする

バックアップデータから、フォルダもしくはファイル単位で復旧が可能です。

【手順】
1. クライアントのメニューから [復旧] を選択します。+をクリックし、復旧したいフォルダもしくはファイルを表示します。



2. 復旧したいファイルを含むフォルダ名をダブルクリックすると、右ペインにファイルの一覧が表示されます。
ファイルのみを復旧したい場合は該当のファイルを、フォルダごと復旧したい場合は該当のフォルダを選択し、画面右下の 「復旧」 ボタンをクリックします。



3. 復旧するデータの世代を選択、またその他の復旧に関する設定をします。



世代: 復旧するバックアップ世代を選択します。

最新世代: 最新の世代を復旧します。
古い世代: それより以前の世代を復旧します。
※バックアップ取得日よりも前の日付のバックアップデータを確認するので、バックアップ当日にこちらのオプションでリストアすると失敗しますのでご注意ください。
特定の世代: 特定のバージョンを指定します。

重複ファイル: 重複して存在するファイルへの対応を選択します。

上書き: 上書きして保存します。
名前を変更: 別名で保存します。
スキップ: スキップします。
その都度確認: その都度確認するためのウィンドウを表示します。

保存場所: 保存先を選択します。

デフォルト: ()内に表示された場所に、復旧したデータを保存するフォルダが作成されます。
元の場所: バックアップした際に、そのデータが保存されていた場所に保存します。

※ネットワークドライブからの復旧の場合は[元の場所]への復旧はできませんので[デフォルト]もしくは[その他の復旧先]を選択ください。
その他の復旧先: 上記以外の場所に保存します。(デスクトップなど)「参照」ボタンをクリックして、別ウィンドウから選択します。
または、「新規にフォルダの作成」から新しくフォルダを作成することもできます。

「ダウンロード開始前に復旧サイズを計算し、時間を表示する。」: 復旧にかかる時間を計算して表示します。

スクリプトを適応する: 復旧の開始前、完了後に自動起動させるスクリプトを設定することが可能です。

対応拡張子: cmd, bat, com, vbs, js, exeです。
実行前に起動: 復旧を開始する前に起動するスクリプト。
完了後に起動: 復旧完了後に起動するスクリプト。

最後に「OK」ボタンで復旧を開始します。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。