Microsoft .NET Framework 4.0のインストール方法

フォローする

使えるクラウドバックアップのクライアントソフトバージョン4.3.4以降をご利用いただく場合は、「NET Framework 4」のインストールが必要になります。

まずこのプログラムがお客様のパソコンにインストールされているか確認します。

<Windows7をご利用の場合>

1. 左下の「スタート」ボタンから→「コントロールパネル」をクリックします。
2. 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
「Microsoft.NET Framework 4 Client Profile」と「Microsoft.NET Framework 4 Extended」がインストールされていれば「OK」です。
インストールされていない、またはどちらか一方しかインストールされていなければ、インストールの方法に進んでください。

<Vistaをご利用の場合>

1. 左下の「スタート」ボタンから→「コントロールパネル」をクリックします。
2. 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
「Microsoft.NET Framework 4 Client Profile」と「Microsoft.NET Framework 4 Extendedがインストールされていれば「OK」です。
インストールされていない、またはどちらか一方しかインストールされていなければ、インストールの方法に進んでください。

<Windows XPをご利用の場合>

1. 「プログラムの追加と削除」画面を開きます。
[スタート]-[コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]アイコンを順にクリックします。
2. 「プログラムの追加と削除」画面で、「Microsoft.NET Framework」のバージョンを確認します。

<Microsoft .NET Framework 4.0のインストール>

1. 以下のURLをクリックして.NET Frameworkのダウンロードサイトを開く。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17851

2. 言語で「日本語」を選択し、「ダウンロード」をクリック。



3. 「その他の推奨ダウンロード」のページでは何もチェックを付けずに「ダウンロードせずに続けます」をクリック。



4. 「ファイルのダウンロード」画面で「ファイルを保存」をクリックします。



5. ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックし、
「ファイルのダウンロード – セキュリティの警告」画面で「実行」をクリックします。

※Internet Explorerをお使いの場合で「Internet Explorer – セキュリティの警告」画面が出た場合は「実行」をクリックします。
※「Windows Vista」、「Windows 7」で「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、「続行」をクリックします。

6. 「Microsoft .NET Framework 4 セットアップ」画面で「同意する」にチェックを入れて「インストール」をクリックします。



7. ダウンロードが始まります。



※少し時間がかかります。終わるまでお待ち下さい。

8. 「インストール完了」画面で「完了」をクリックします。



9. PCを再起動してください。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。