ブータブルメディアを作成する

フォローする

ブータブルメディアを使用すると、復元先のOSを使わずに復元を行うことが出来ます。

主にOSに問題が発生して起動できない場合の復旧や、エージェントがインストールされていないマシンへの復旧に使用します。

ブータブルメディアはエージェントとともにアップデートされるため、常に新しいISOイメージをご利用ください。

WindowsまたはLinuxのブータブル メディアの作成手順

1. ウェブ管理画面 を開き、マシンを選択後、右上のアカウントアイコンからダウンロードを選択して、ツール項目の「Bootable madia」をクリックします。

次に、「ブータブルメデイア」と表示されるので、登録トークンの英数字(ハイフンを含む)をメモします。

※ログイン名とパスワードを入力することなくメディアからクラウドにアクセスできます。

WindowsまたはLinuxのブータブル メディアの作成手順 の「2. ダウンロードしたISOイメージを以下のいずれかの方法でブータブルメディアを作成します」へ移動します。

別例)

1. ウェブ管理画面 を開き、マシンを選択後、画面右側で「復元」>「その他の復元方法...」>「ISOイメージのダウンロード」の順にクリックします。

※選択するマシンはバックアップ対象のマシンでなくても構いません。どのマシンを選択しても作成されるブータブルメディアは同じです。

※※「その他の復元方法...」の画面は環境によっては表示されない場合もありますが、その場合は「復元」>「ISOイメージのダウンロード」の順にクリックします。

※環境によっては表示されません。



2.ダウンロードしたISOイメージを以下のいずれかの方法でブータブルメディアを作成します。

・CD/DVDにISOイメージを書き込みます。

・オンラインで入手可能なフリーツールを使用して、ISOファイルでブータブル USBフラッシュドライブを作成します。

UEFI マシンを起動する必要がある場合は ISO to USB または RUFUS を使用し、BIOS マシンには Win32DiskImager を使用します。Linuxでは、 dd ユーティリティを使用するのが妥当です。

・ISOイメージをCD/DVDドライブとして仮想マシンにマウントします。

OS Xのブータブルメディアの作成手順

  1. Macエージェントがインストールされたマシンで、 [アプリケーション] メニューの [レスキューメディア ビルダ] をクリックします。
  2. 接続されたリムーバブルメディアが、ソフトウェアに表示されます。ブータブルにするメディアを選択します。

    ※ディスクにあるすべてのデータが消去されます。

  3. 作成を完了する場合、 [作成] をクリックします。
  4. ブータブルメディアが作成されるのを待ちます。
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。