導入1.バックアップユーザーを設定する

フォローする

クラウドバックアップをご利用いただく前に、バックアップユーザーの設定をおこないます。

コントロールパネル内のメニューが左側にある仕様の場合 はこちらのFAQをご参照ください。

ご契約いただきました時点で、すでに1ユーザーは作成されております。このバックアップユーザーへのパソコンやサーバーなどのバックアップライセンスの割り当てや、
バックアップの利用容量の割り当てをおこないます。

  1. コントロールパネル にログインします
  2. 「バックアップ」タブをクリックします
  3. 作成されているログインIDの右側にある「有効化する」をクリックします
  4. パスワードを設定します(ログインIDの変更はできません)
  5. バックアップユーザー一覧に戻りましたら、対象のバックアップユーザーのログインID名をクリックします
  6. 「編集」をクリックします

 

設定項目

管理者権限: 管理者としての権限を付与します。権限が付与されると、同一契約内の別のユーザーのバックアップも管理ができるようになります。

容量制限アクセスに関する通知を有効にする: 容量超過などのサービスの管理に関する通知が配信されます。

バックアップの通知: バックアップがおこなわれた際に、このバックアップのエラーや警告などが登録されているメールアドレスに通知が配信されます。

クォータ: 利用容量や台数の設定をおこないます。

ストレージ: バックアップユーザーのバックアップが取得できる総利用可能容量の設定となります。

物理ワークステーション: このバックアップユーザーでバックアップを取得できるパソコンの利用可能容量の数となります。

物理サーバー: このバックアップユーザーでバックアップを取得できるサーバーの数を設定します。サーバーはサーバー版のOSがインストールされている端末を表します。

仮想コンピュータ: このバックアップユーザーでバックアップを取得できるVMWareやHyper-Vの仮想サーバーの数を設定します。

 

「保存」をクリックすると、このバックアップユーザーの設定が完了となります。

 

別のバックアップユーザーを作成したい場合は、 こちら をご参照ください。

 

続いてパソコンやサーバーにエージェントをインストールします。 >> 導入2.パソコンやサーバーにエージェントをインストールする

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。