バックアップユーザーを作成する(新コントロールパネル)

フォローする

バックアップユーザーの作成をおこないます。

<管理画面が異なる場合は こちらのFAQを ご参照ください>

1. コントロールパネル へログインします。

2. 「バックアップ」タブをクリックします。

3. 「新しいユーザーの追加」をクリックします。

4.以下の画像例を参考に、バックアップユーザーのユーザー名(表示名)やログインID(メールアドレス)を決めて入力します。

この際、「アクティベーションメールをユーザーに送信」にチェックを入れることで、ログインIDに入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

メールを受け取ったユーザーはアカウントの有効化を ユーザー作成後のサービスの割り当て (上の図のバックアップユーザー一覧)で行うことが可能です。

なお、チェックを入れない場合も、コントロールパネルのバックアップユーザー一覧で有効化可能です。(有効化の手順については 「ユーザー作成後のサービス割り当て方法(新コントロールパネル)」 を参照)

5. 「次へ」をクリックします。

6. 次にバックアップユーザーの設定をします。

設定項目

バックアップの通知: バックアップがおこなわれた際に、このバックアップのエラーや警告などが登録されているメールアドレスに通知が配信されます。

ビジネス通知: 容量超過などのサービスの管理に関する通知が配信されます。

管理者権限: 管理者としての権限を付与します。権限が付与されると、同一契約内の別のユーザーのバックアップも管理ができるようになります。

 

クォータ: 利用容量や台数の設定をおこないます。

Cloud Backup Storage(Acronis): バックアップユーザーのバックアップを取得できる総利用可能容量の設定となります。

Virtual Machines(VM)License: このバックアップユーザーでバックアップを取得できるVMWareやHyper-Vの仮想サーバーの数を設定します。

Protected Workstations(Acronis): このバックアップユーザーでバックアップを取得できるパソコンの利用可能容量の数となります。

Protected Mobile Devices(Acronis): このバックアップユーザーでバックアップを取得できるサーバーの数を設定します。サーバーはサーバー版のOSがインストールされている端末を表します。

Protected Websites(Acronis):

7.「終了」をクリックすると、このバックアップユーザーの追加が完了となります。

 

ユーザーの作成後はサービスの利用のために「ユーザーの有効化」、「サービスの割り当て」をする必要があります。

詳しくはFAQ「ユーザー作成後のサービスの割り当て方法(新コントロールパネル)」をご参照ください。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。