既知の問題

フォローする

 

APFSのMacOSにおける復元の制限(2017/12/13)

4496バージョンからAPFSをサポートするようになりましたが、下記の条件で復元をすると復元がうまくいかない場合がございます。

暗号化されたAPFSのボリュームを復元する

復元されたデータは暗号化が解除された状態になります

APFSのボリューム名に + もしくは \ の文字列が含まれているボリュームを復元する

復元に失敗します

※APFSとは

Apple File Systemの略称でmacOS 10.12デベロッパーバージョン以降で利用可能なファイルシステムです。
※SSDを利用している筐体をmacOS high sierraにアップデートするとファイルシステムはAPFSを利用してます。

APFSについては、 Apple社におけるファイルシステム をご覧ください。

 



Windows 32bit OS でバックアップの保持期間が適用できない(2017/11/27)

こちら の事象がWindows 32bit OSで発生するとバックアップの保持期間を適用できない問題があります。
エラー: Cannot free up space taken by the deleted backups. The operation will be retried during next backup deletion.
バックアップ自体に影響はございません。近い将来のバージョンで解消される予定です。



初回バックアップ中にマシンを再起動するとアーカイブが破損する場合がある(2017/11/22)

お客様にて、再度、バックアップスケジュールを作成いただき、バックアップを取得ください。
将来バージョンで解消予定。



復元すると管理画面のアクティビティでパスワードが間違っているというエラーがでる(2017/11/17)

管理画面から全体もしくはボリュームを復元すると"The password for the protected backup is incorrect"というエラーがアクティビティに表示される。
このメッセージ自体は問題ありません。



Windowsユーザの資格情報が変更されるとバックアップが失敗する問題(2017/11/16)


Windowsユーザのパスワード等が変更されるとバックアップが失敗することがあり、パスワード等の情報をもとに戻すと正常に動作いたします。
近い将来のバージョンで解消される予定です。



アプリケーションバックアップを有効にして、イニシャルシードバックアップを実行するとエラーが発生する問題(2017/11/16)


アプリケーションバックアップを有効にして、イニシャルシードバックアップを実行すると下記エラーが発生することが確認されており、
近い将来のバージョンで解消される予定です。
なお、取得したイニシャルシードバックアップ自体には問題ありません。

E00000000: Failed to resolve instances for slice 'avfs:/online?account%*******%26computer%3d1%26provider%3dAcronis#arl:/00000000-0000-0000-0000-000000000000/00000000-0000-0000-0000-000000000000/83E0E20B-5A45-4634-A835-78649B989602/108E36E6-4F0A-4E1B-B558-8A9841B204E5?archive_name%*****FE8C06E-9013-494A-BD75-2A7134B0F99C-D11B6B08-7A55-4F2D-98A0-4BEB0FC2424CA': Error 0xf90004: ASYNC: Unidentified job.


 


詳細やご不明な点がございましたら、 サポートメール からお問合せください。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。