画面プロパティ スクリーンセーバによるパスワード保護設定の解除

フォローする

WindowsVPSでは一定時間操作しないと、スクリーンセーバが動作します。

その場合、再度、リモートデスクトップ上で作業をおこなおうとすると、再度、ログインパスワードを求められます。
もし、ログインパスワードを入力せずに作業を再開した場合は、WindowsVPS側で「画面のプロパティ」の設定を変更することでパスワードを求められなくなります。

 

設定方法は以下のようになります。

1. WindowsVPSにリモートデスクトップ接続します。
2. デスクトップ上で右クリックをします。

http://help.tsukaeru.net/files/images/WS000010.preview.JPG

3. プロパティを開き、スクリーンセーバのタブを選択します。

http://help.tsukaeru.net/files/images/WS000012.JPG

4. プルダウンを「なし」に設定し、「適用」のボタンをクリックします。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。