データの復旧方法(Mac版)

フォローする

バックアップデータから、フォルダもしくはファイル単位で復旧が可能です。

【手順】
1. クライアントのメニューから [復旧] を選択します。▼をクリックし、復旧したいフォルダもしくはファイルを表示します。



2. ファイルのみを復旧したい場合は該当のファイルを、フォルダごと復旧したい場合は該当のフォルダを選択し、画面右下の 「復旧」 ボタンをクリックします。


3. 復旧するデータの世代を選択、またその他の復旧に関する設定をします。


世代 :復旧するバックアップ世代を選択します。

最新世代: 最新の世代を復旧します。
有効なバックアップ世代: 指定した日付以前のデータの中から最も新しい世代より復旧を行います。

特定の世代: ドロップボックスから復旧したい世代を選択します。
ファイルを選択したときのみの利用が可能で、フォルダーを選択したときはこのオプションはご利用頂くことできません。

復旧先 :復旧先を選択します。



デフォルト: ()内に表示された場所に、復旧したデータを保存するフォルダが作成されます。
元の場所: バックアップした際に、そのデータが保存されていた場所に保存します。
代用: 上記以外の場所に保存します。(デスクトップなど)「参照」ボタンをクリックして、別ウィンドウから選択します。
または、「新規にフォルダの作成」から新しくフォルダを作成することもできます。

「復旧のサイズを計算」 :復旧にかかる時間を計算して表示します。

スクリプトを適応する : 復旧の開始前、完了後に自動起動させるスクリプトを設定することが可能です。

対応拡張子:cmd, bat, com, vbs, js, exeです。
実行前に起動: 復旧を開始する前に起動するスクリプト。
完了後に起動: 復旧完了後に起動するスクリプト。

最後に「OK」ボタンで復旧を開始します。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。